top of page
検索
  • tonicgakki

豆知識(湿度について)


こんにちは!!

6月に入り、今年も残り半年となりました。

各地ぞくぞくと梅雨入りしていますね!

天気も雨が多くなり、「じめじめする」「洗濯物が外に干せない」との声をよく聞きますが、

クラリネット奏者にとって気にすることは

「湿度が高い!!」

湿度は高すぎても低すぎてもよくないと聞きますが

理由はご存知ですか??

それは

クラリネットの素材「グラナディラ」は

湿度・温度によって膨張・収縮するからです。

湿度が高いと「膨張」

湿度が低いと「収縮」します。

この「膨張・収縮」がクラリネットの割れに繋がります。

では

最適な湿度は何%なんでしょうか。

それは

"人が快適に過ごせる湿度”と言われています。

大体50%~60%です。

この湿度で楽器を保管するのが最適だと言えます。

初めて知った方は、頭の片隅で覚えていただけると

嬉しいです(^^♪

ただし!!

楽器を吹いた後は、水が出てくるなどと湿度が高い状態になってしまうため、

「スワブをよく通す」「タンポの水をこまめにふき取る」

などとしっかりお手入れすることで、

より長く、いい状態で楽器を吹くことができるでしょう。

湿度調整の商品「モイスレガート」も販売中です☆

ぜひお買求めください♪

☎06-6210-1608

【アトリエボアYahoo!ショップ】

【トニック楽器Yahoo!ショップ】


閲覧数:422回0件のコメント
bottom of page